マリッジリングとの違い

マリッジリングとの違い

マリッジリングとの違い エンゲージリングとマリッジリングは、どちらも結婚に関連した指輪であるため、同じようなものだろうと考えている方も多いかと思いますが、これら2つの指輪は全くの別物です。
エンゲージリングとは、いわゆる婚約指輪のことです。
婚約の証として男性から女性に贈られる指輪で、ダイヤモンドがあしらわれた華やかなデザインのものが主流となっています。
エンゲージリングは、プロポーズの際に贈られるというイメージを持つ方も多いかと思いますが、現在はプロポーズの後に2人で選んで購入するケースも少なくありません。
一方、マリッジリングとは、いわゆる結婚指輪のことです。
結婚の証として夫婦でつける指輪で、挙式の際に交換するのが一般的です。
また、この指輪は日常的に身に着けるものなので、華やかなデザインのものは避けられる傾向にあり、シンプルなデザインが主流となっています。
なお、最近はこれら2種類の指輪を重ねつけできるセットデザインのものも数多く登場しています。

エンゲージリングの重ね付けが与える印象について

エンゲージリングの重ね付けが与える印象について 結婚を約束しその証がエンゲージリングになりますが、エンゲージリングの重ね付けが当たる影響とはまさに結婚をしている証明であると言えます。
これは、第3者から見て既婚者であることの証となることの他特別な印象を与えるために身に付けるものです。
その為にエンゲージリングは宝石などをあしらっている商品があるのは、第3者に既婚者である照明をするとともに特別な方からプレゼントされたものであるということを印象付けるための物なのです。
ただし、注意点を上げておくと、女性の多くは結婚後エンゲージリングを身に付けないことが多いです。
その理由は、派手な装飾を施しているリングは重く、ぶつかると損傷し宝石類が取れるため結婚後、婚約指輪を突けなくなるのはそうした損傷をする可能性があるため身に付けなくなると言えます。
その為、結婚指輪は結婚後も身に着けている状態である重ね付けを重視する場合、結婚指輪と婚約指輪の2種を身にまとうことになりますので、扱いが容易でぶつけても損傷しないデザインを選ぶことが重要となります。

新着情報

◎2021/4/5

一番人気はダイヤモンド
の情報を更新しました。

◎2021/1/27

シンプルなリングの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

マリッジリングとの違い
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「リング 重ね付け」
に関連するツイート
Twitter